メインコンテンツに移動します

クルーズ旅行ネット

:::

関連ルール

最終更新: 2017/11/30 11:28
読者人数: 458
  1. 成年旅客(20歳以上)入国するときにはたばこ200本、酒1リトル、超えた場合は税関に申告して下さい。税関に申告しない場合はたばこ1カートンは500台湾ドル、酒1リトルは2000台湾ドルの罰金を科されます。
  2. 荷物の全価値が免税額台湾ドル2万元を超えた場合は税関に申告して下さい。
  3. 現金部分:外国通貨を1万米ドルと同じ価値、又は台湾ドル10万ドル、人民元2万元以上を持つ旅客には、税関に申告して下さい。申告ない場合は超えた部分を没収します。
  4. 動物植物及び関連製品(肉製品、果物など)は持ちこみができません、申告なしの場合は3千台湾ドルの罰金を科されます。

当日の為替レートURL: http://rate.bot.com.tw/Pages/Static/UIP003.zh-TW.htm

 

入国旅客が持ち込みよくある動植物又は製品の検疫規定参考

注意事項:

一.本表参考用で、入国旅客が持ち込んで動物植物又はその製品の案件を統計します。この表に載せてない動物植物製品は動植物防疫検疫局に確認して下さい

連絡番号:

動植物防疫検疫局:02-23431401
動植物防疫検疫局基隆分局:02-24247363
動植物防疫検疫局新竹分局:03-3982663
動植物防疫検疫局台中分局:04-22850198
動植物防疫検疫局高雄分局:07-8015880

二.疫の発生状況または検疫規定は最新の公表規定に準じます。

三.入国旅客が持ち込んで動物植物または関連製品が食品衛生安全、関税または保育類動物の場合、関連する関係部署に連絡して下さい。

四.入国旅客が動物植物と関連製品を持ち込む場合、税関申告書を書いて申告(赤線)カウンターから通関して下さい;防検局は入国廊下とホールには農産品廃棄箱を設置しており、入国旅客が禁止された動物植物を持ち込んだ場合に自ら廃棄をお願いいたします。

五.旅客が持ち込む用品の数量制限は「入国旅客持込み農産品、タバコと酒、中国大陸地域お土産、自分用くすり、環境用くすり制限量について」により手続きをします。詳しくは財政部関務署に確認して下さい、フリーダイヤル番号:0800-311085

六.旅客が申告検疫なしで動物植物またはその製品を持ち込んだ場合は台湾ドル三千元以上の罰金を科されます。

 

入国旅客が持ち込みよくある動植物又は製品の検疫規定参考

動物検疫を申告する必要あるもの

輸出国動物検疫証明書及び検疫が不合格のものは持込みができません

  1. 生きる動物及び水生動物(魚及び卵、精子、受精卵、エビ、貝類など)(輸入許可書類を取得した犬、猫及び兎が除外)
  2. 動物肉類(新鮮、冷蔵、冷凍及び熟食、真空パックを含む):牛、羊、鹿、豚、馬、ロバ、ミュール、とり、鴨、グース、ターキー、ピジョン、ウズラ、ダチョウ、マウス、カンガルーなど肉類。
  3. 加工肉類(真空パックを含む):
    1. 乾燥又は保存肉、肉ジャーキー、肉フロス、肉ヤンの皮、酸肉、ソーセージ、ベーコン、ホットドッグ、ハム、鴨の腎臓、手羽先、鶏の足などです。
    2. 詰め物が肉を含む製品、肉ちまき、肉まんじゅう、ミートローフ、ビーフボール、豚肉ボール、細かいミートボール、餃子、ピザ、月餅、アーモンドケーキ、チキンビスケット、サンドイッチ、ハンバーグ、フロス卵ロール、エビのフロスケーキ、肉食を含む機内弁当などです。
    3. 肉を含む液体スープ類、肉を含むバーミセリ、肉眼で確認できる肉類が入るもの(肉、ひき肉、ハム、ベーコン、ソーセージ、肉、肉フロスなどです)。
  4. 未調理の卵(製)品:生たまご、アヒル卵、ガチョウ卵、胚の卵(例えば卵など)、ピータン、生塩卵などです。
  5. 動物の飼料:動物性成分(牛羊豚ととり類卵)が含む犬猫食品(乾燥食品、缶詰食品、スナック、健康食品)、動物皮で作成した噛み製品(牛革骨など)、その他調製動物飼料などです。
  6. 生乳。
  7. 動物の血清、動物ワクチン、動物の病原体、動物由来の検体、動物由来の生物製剤などです。
  8. 動物の骨、角、歯、爪、ひづめ製品(研磨、塗装、他の加工処理した物除いて)
  9. 醸造精錬されてない動物性脂肪
  10. ピッキングした加工処理してない燕の巣(血液、羽、糞便およびその他の汚れと混合)
  11. 魚製品:生、冷凍及び冷蔵したサケ、マス、スズキ、コイ、ナマズなど完全に骨抜きされてない
  12. 土を付着した動物製品
  13. 動物の成分を含む漢方薬(新鮮な、乾燥または粉末に粉砕されて含む):胃石、ニワトリ、ムスク、枝角、動物の鞭、及びクマの胆なと。(錠剤、カプセルなど商業パッキングした調製薬品を除いて)
  14. 動物の成分を含む有機肥料。

 

リマーク

  1. 犬、猫、兎など生き動物だけ持込みできます、持込みする前に防検局に申請し許可文書を取得して下さい。持込みするときには輸出国の動物検疫証明書を添付して下さい。兎を持込みする場合は隔離して7日の検疫が必要です。狂犬病の流行地域(国家)から犬と猫を持込みする場合は21日を隔離する必要があります。
  2. 犬や猫は、バングラデシュから輸入することはできません

 

入国旅客が持ち込みよくある動物又は製品の検疫規定参考

動物検疫を申告する必要ない物

  1. 牛乳、粉乳、チーズ用ポール
  2. 人が食用の高温殺菌缶詰食品(ブリキ缶または軟式缶詰、衛生福利部食品薬物管理署の食品輸入関連規則に準拠)
  3. 肉成分が含まれてないビスケット、ケーキ、パンなどの食品
  4. 動物性成分が含まれてない及び魚や乳製品鹿含まれてない犬と猫食品(はっきりした商品成分が表示され、製造会社の説明があって確認できるもの)
  5. 調理された卵(卵黄とタンパク質が完全に固化し、表面は汚れ、灰など物質のが付着してない)製品(鴨の卵など調理に関わらず輸入禁止)。
  6. 研磨後、塗装など加工処理された動物の角、骨、歯、爪、蹄およびその他の製品(骨、骨髄、歯髄、糞便、皮膚片、血液など汚れ物がある場合は輸入禁止)
  7. 染色加工した動物、羽毛、羊毛やその他の製品、及び日焼け処理した動物皮の製品。
  8. 醸造精錬された人が食べる動物脂肪
  9. 洗浄および固化成形または再加熱粥状を乾燥させた燕の巣製品及び缶詰製品
  10. 乾燥させ、漬けなど処理された内臓が完全に除去された水産品。
  11. インスタントラーメン、インスタントお粥、固体または粉末スープなどの製品。

 

入国旅客が持ち込みよくある植物又は製品の検疫規定参考

植物及び植物製品

持込みが禁止する物

  1. 土、及び土が付着した植物、植物製品及びその他の物
  2. 新鮮な果物(フルーツ、果物、キンマなど
  3. 有害害虫又は昆虫:病原微生物、バッタ、カブトムシ、虫ポケット(ビートル)、クワガタムシなど。
  4. 流行地域にある植物またはその製品マンダリン類、バナナ類、パーム類、パイナップル類、観賞用パイナップルなど生植物、根を持つ(地下)植物、メンマ、ショウガ、レンコン、バナナの葉、梨末裔、ビンロウジュと調理なしピーナツ、樹皮がつけている小枝か木などです。

詳しくは「中華民国輸入又は植物産品検疫規定」甲.輸入禁止の植物又は植物製品

 

検疫申請必要ない物

  1. 乾燥処理植物製品販売包装のドライフルーツ(レーズン、乾燥竜眼など)、乾燥キノコ、種は含まれてない乾燥した漢方薬
  2. 加工又は完全調理した植物製品:缶詰(フルーツ缶詰、ジャム)、漬け物(砂糖菓子、漬物、大根干し、でも塩漬け生姜を除く)、焙煎(ナッツ、ピーナッツ、茶葉、コーヒー豆)など
  3. 乾燥した粉状植物製品:香辛料(チリパウダー、コショウ、クミンなど)、漢方薬粉、穀物や豆類粉状製品

 

検疫申請する必要物

  1. 以下の製品に持ち込む時に、検疫カウンター申告して下さい(検疫関連文書は必要ない)、検疫が終了後持込ができます:乾燥花、乾燥野菜、ドライココナツナツメ、干しイチジク、乾燥植物香辛料、種を除くドライ蓮、米(玄米、白米、稲を除く)など。
  2. 以下の製品に持ち込む時に、輸出國植物検疫証明書を添付し検疫カウンターに検疫を申告して下さい、検疫が終了後持込ができます:生野菜(地下根部、果実がついてない)、生食用キノコ、生漢方薬、ナッツ類、そのた香辛料、木材など。
  3. 以下の製品に持ち込む時に、製品に輸入記録の有無を確認して下さい、輸入記録がない場合、防検局に初回輸入同意書を申請して下さい輸入記録がある場合、検疫条件により関連手続きをして下さい、また持ち込むときにも輸出國植物検疫証明書を添付し検疫カウンターに検疫を申告して、検疫合格後が持込できます。
    1. 生きた植物:蘭植物、サボテン、組織培養苗、根ない植物など。
    2. 生野菜(地下根部、果実が着く):タマネギ、ニンジン、カブ、ヤムイモ、豆ポッド、ピーマンなど。
    3. 新しい切り花、カット枝:蘭、菊、ジャスミン、バラ、花輪、カーネーションなど。
    4. 花の球根チューリップ、ユリ、アマリリス、ヒヤシンス、水仙、サンダーなど。
    5. たね:野菜たね(小豆、緑豆など)、花の種、穀物の種子、稲、果物の種子、香辛料のたね(フェンネルの種子、コリアンダーの種子)、たね類漢方薬など。
    6. その他製品:新鮮高麗人参。
  4. 以下の苗を持ち込む前に、防検局に隔離検疫場所許可を申請し、輸入許可をもらってから輸入ができます。持込するときには関連文書を添付し検疫カウンターに検疫を申告して、隔離してから検疫して下さい:ローザ(バラの苗)、サクラ(桜の苗)、ナシ、桑、マルメロ属イチゴ、リンゴ属、パッションフルーツ属、グレープ属、グアバ、マンゴー、ライチ、竜眼、サトウキビ、茶、パイナップル、バナナ、柑橘類。

 

Web Privacy Statement 

地址:基隆市中正区20202中正路1号 電話番号:(02)24206100 (02)24206263
Copyright©2018 臺灣港務股份有限公司基隆港務分公司 版権所有.

QRCode 通過A優先等級無障礙網頁檢測

© 2018 - クルーズ旅行ネット (ja-JP)